LTL #1 “勉強の再定義“

“勉強”という単語は、1つの枠組みの中で捉え続けると間違った判断を犯しかねないと思います。

例えば、先日友人と話していて感じたのは学校という枠組みの中で日々”勉強”という概念の意味理解をしていると、必然的に受動的態度になる確率が上がるなぁと思ったり。

無意識のうちに単語への理解を固定化してしまうと、他方からの角度では良い意見も、悪みがかった形で捉えてしまう可能性を感じます。

言葉の再定義。

Study might be grasped as various kinds of viewpoint, therefore, there will be erroneous interpretation.

Lets say, When students in Japan think about study in each individual ways, it might give significance badly to some meanings which have great interpretation. Then , their stances will be passive against it.

Itll be interpreted as a bad meaning  with out thinking, though the meaning has been thought its good.

Words redefining.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です