Learners High

教育に関わる全ての人たちに届け!

N MAX/N高について

N予備校という最強アプリ

投稿日:2019年6月27日 更新日:

今回はN高生が日々勉強、レポート提出をしている「N予備校」という最強予備校アプリについてご紹介!

【N予備校 公式サイト】
https://www.nnn.ed.nico/

N予備校とは

N予備校とは、N高等学校が提供する「多種多様な学習コンテンツをスマホでもPCでも自由に学べるアプリケーション」です。
N高生だけでなく一般公開もされています。
一般ユーザーの月額費は1000円。←コスパ最強です。
※現在(2020年3月)は無料開放中。


N予備校では何ができるの?

N予備校の活用例

・受験勉強の効率化···スマホから簡単にコンテンツを閲覧できるので、参考書の有無に関係なく、質の高い講師の授業を受講できます。時間や場所を選ばず、いつでも本気の受験勉強が可能です。

・従来の学校で学べる分野以外のコンテンツ···プログラミング教材やデザイン教材などを受講できる!
ビジネスブレイクスルー大学とも提携していて、会計・マーケティングも体系的に学べます。

・Q&Aを通して、分からない部分を質問・回答できる!講師もガチガチの受験エキスパートです→https://www.nnn.ed.nico/pages/introduction/teachers/index.html

・受験科目や志望校別に対策ができる!https://www.nnn.ed.nico/pages/introduction/courses/index.html

N高生のN予備校の使い方
日々の学びを効率化できるN予備校では、移動中や電車の中、食事中にだって勉強できてしまうのです。

N高生は特別に用意されたベーシックプログラム(高校卒業資格所得のための必須授業)を年度ごとに更新して受講し、その教科コンテンツ内の各章末の最後にある「選択/記述式レポート」と「論述式レポート」を提出し、評価を受けます。

自分のレポートの結果が何点だったかはN高マイページというサイトでログインして確認することができます。
N高マイページでは毎年の必修科目を一目で確認できるので学習計画が非常に立てやすいんです。

一つ一つのコンテンツも大事な部分を抽出して講師の方が説明してくださるので素早く理解できます。

生徒同士で質問フォーラムに投稿して「教え合い」をすることができるので数多くの機会を経てより学習理解を深めることができます。

生放送授業もあり、そこではクイズやコメントを通して参加している人達自身で授業を作り上げていきます。

最大の良さは「離れていても仲間と一緒に頑張れる」事だと思います。

N予備校ならではの教材
N予備校を他社と比べた時に光るのは「参加型、双方向型、時代先取りコンテンツ型」ということです。
プログラミング教材は他の予備校系アプリにはあまり見られませんし、仲間と学んでいこうという心持ちを持てるのはやはりN予備校の特徴です。
時代の先端をいくN高等学校の世界が一望できるのです。

いつでもどこでもN予備校
N高に入れば全てのコンテンツをフリーに活用できますが、入学しなくても品質の高い講師と授業がパッケージ化されたN予備校を月額費1000円で受講できるので、控えめに言ってマジで最強です。

ちなみに、どの端末(Android , Apple製品)からもログイン閲覧できます。

僕も受験勉強をしていますが、N予備校は欠かせません。自分の決めた順序で勉強できる環境は貴重ですね。

ノマド学習を通して、日々の学習を充実させよう!
さぁ、今回は最強学習アプリN予備校について簡単にまとめました。

社会の仕事現場の労働環境が刻一刻と変化し続ける中で、学ぶ形もアップデートされ多様化していきます。

N予備校を通して、自由学びを育んでいきましょう!

IMG_9863

-N MAX/N高について

執筆者:

関連記事

N MAX is started

“N MAX” is gonna be started on Learners High to inform, nortify how I and we study, lear …

N MAX – Nな日々のスケジュール

僕は日々の生活を滅茶滅茶カスタマイズしています。 とある日のスケジュール↓ 6:00 起床 6:15 朝の室内トレーニング(自主トレ) 7:00 朝ごはん 7:30 ブログ記事更新 9:30 N高レポ …

Search

miyabi’ profile

運営者 miyabi
〜 Profile 〜
①ブロガー
②慶應生
③元ドワンゴN高校生

④教育キュレーター
⑤有識者インタビュアー

日本の教育を変えたいと志して活動しています。

教育・哲学・現代社会について、時代の大局観を読み取りながら発信します。

TwitterやFacebookでは、教育関連の記事をピックアップして紹介していますので、フォローするだけで教育について詳しくなれると思います!

Social Media

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。