Learners High

教育に関わる全ての人たちに届け!

LTL/日々の学び

LTL#14 – 「生徒の分人主義」のすすめ 〜「私とは何か/平野啓一郎氏著」より〜

投稿日:2019年6月27日 更新日:

個人から分人へ
「私とは何か / 平野啓一郎氏著」拝読させていただいた。
その中でやはり重要になってくるのが「個人の分人化」という概念である。

学校教育や生徒側のマインドセットに対しても「分人化」というスタンドポイントは非常に大切だと痛感している。
私は自分が培ってきた生き方や考え方がこの著書と完全に合致していたのである。
だからこそ、自分で選択する「分人主義」を推奨する。

順を追って見ていく。

本当の自分→様々な本当の自分へ
人間は場面によって性格や話し方、相性が変わる。
そしてそれは他者との日々のコミュニケーションによる相互作用でしか生まれない。

その関係性から生じる個人を構成する分人という単位は時間をかけて形成されていく。

個性を構成する分人
個人(個性)は分人の構成比率によって形成されていく。
分人 = 個人の分数なのである。
分人はすべて自分という個人を構成するものなので、すべての場面における分人は本当の自分であり、分人は人以外の事柄によっても生じる。(読書をしている時の分人、歌を歌っている時の分人など)

「どの分人を人生の足場として生きるか」で、個性に対するその分人の構成比率の影響度が変化し、足場にしたい分人が個性の大半を形作る。

そして学校の友達との分人、家での家族や親との分人は切り離して考えるべきである。そう考えることで人間関係が整理しやすくなるのである。
どの分人との関係を深めていけば良いのか、自分で選択すべきだし、取捨選択できるのである。

個性の足場となる分人構成比率の調整
例えばわかりやすく僕の事例を挙げてみよう。
僕を構成する分人は数多くある

・N高等学校での分人
・所属スポーツチームでの分人
・コンビニ店員との分人(これはある程度共通した誰とでもコミュニケーションの最初に生じる社会的分人、すべての分人が個別で深い分人になるとは限らない←コミュニティ的抽象度の高い分人のままコミュニケーションが終焉,フェードアウトする場合もある。)
・ブロガーとしての分人
・家族との分人

軽く思いつくだけでもこれだけある。自分がどの分人を大切に、足場として生活をするのか考えてみよう。

そうはせずに、自分は1人なんだと考えてしまうと、ある1つの分人での不調が起きた場合に、その他の分人とそれぞれの分人感覚で接するという考え方ができなくなり、他の場面でも悪影響を被ってしまう。
Aで調子が悪くても、Bで調子が悪いわけではないのである。それを持ち越さない方が良い。
「こっちはこっち、あっちはあっち」でいいのである。
大切にしたい分人の構成比率、関わる頻度を上昇させよう。

学校での分人
学校教育の国民への影響力は計り知れず大きい。
だからこそ学校での分人=自分自身にするべきでは、必ずしもない。

「理不尽にいじめられている自分、嫌いな自分」が1つの分人として存在するのなら、他の分人で思い切り楽しめばいいのである。それを家に持ち込む必要は必ずしもない。
そしてあまり生きたくない嫌な分人としての時間をどうすれば極力過ごさないようにできるのか、考えよう。
個性は生まれつき1つではない。個性はその時々の分人が型作る個性の構成比率によって変化していくのである。

しんどいなら、旅に出たっていい。そこで新しい足場となる分人を創造できるかもしれない。

 

 

-LTL/日々の学び

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スパムコメントは通報いたします。

関連記事

LTL#11 N高等学校というベーシックインカムの実験

N高等学校や、通信制の高校はある種のベーシックインカムの実験台である。 よく考えてみるとそう言えると思います。 僕達は必修の科目以外の時間は基本的に自由です。 経済面も幸いに、基本的には親が支援してく …

LTL#5 利権なのか善意なのか

難しい。 取引には必ず2者が存在すると思います。 相手側が利権として提供しているのか、善意として提供しているのかを判断する事は意外に困難だと気づいています。 「こっちに来たら楽しいよ」や「こっちおいで …

LTL#4 荒波を駆け抜ける

僕自身現在高校生です。 日本の風潮は「出る杭を打つ」ですが、僕は出ます。 どんどん出ていきます。叩こうとしている人達に行動・実行・実現で対抗します。 僕は容姿のことで数多くの人に批判され、生死をさまよ …

LTL#12 抑制と天才

抑制された上でポッと出てくる天才は非常に強いのかもしれないです。 天才は人が作ろうと思って作れるものではないと。 経験則的にこれだけキツイ事があっても俺は耐えれたんだという自負を持っていると思います。 …

LTL#15 社会接続を考えた時の学校教育

社会接続を考えた時に、今日の学校教育の学習内容,試験制度は果たして優良と言い得るのか。 すべてがそうではない。 僕達の日々学んでいることの中には「一生で一回も使わないような、受験のための勉強」が潜んで …

Search

miyabi’ profile

運営者 miyabi
〜 Profile 〜
①ブロガー
②慶應生
③元ドワンゴN高校生

④教育キュレーター
⑤有識者インタビュアー

日本の教育を変えたいと志して活動しています。

教育・哲学・現代社会について、時代の大局観を読み取りながら発信します。

TwitterやFacebookでは、教育関連の記事をピックアップして紹介していますので、フォローするだけで教育について詳しくなれると思います!

Social Media

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。