『企業の採用基準に「成績」を入れよ』〜日本の学生が勉強をしない理由〜 立命館アジア太平洋大学(APU) 出口治明学長 【下】

『企業の採用基準に「成績」を入れよ』〜日本の学生が勉強をしない理由〜
 立命館アジア太平洋大学(APU) 出口治明学長【下】

 コロナウイルスの感染拡大が報じられる中、日本の大学は対応に追われています。迅速に対応出来る大学もあれば、予算や財源の関係上、芳しい対策を打てない大学も多々あります。

 そんな中、前回のインタビュー【上】では、2018年に立命館アジア太平洋大学の学長に就任された出口治明さんに、現行の大学教育をどう捉えていらっしゃるのか、これからの日本の大学はどう変容すべきなのか、ひいては教育の在り方について、ライフネット生命創業時や多数の著作刊行経験、幅広い見識を基にお伺いしました。

 今回のインタビュー後半【下】では、世界的趨勢に鑑み、ICT環境や最新型ツールの利活用・普及率が極めて低率であるという日本の今日的課題を前提として交えつつ、「日本の学生が勉強をしない理由やその対応策」、「ICT利活用(オンライン授業形態)によってAPUの授業・教職員・学生はどう変質したのか」等を詳細に伺っていきます。
 
 終盤では、昨今の若者が抱える精神的な問題についても踏み込みます。


本連載一覧

『日本は教育にかけるお金が極端に少ない』〜コロナと大学教育 未来を背負う学生へ〜 立命館アジア太平洋大学(APU) 出口治明学長【上】


Contents

⚫︎企業の採用基準に「成績」を導入せよ

⚫︎日本は「大学で勉強しなくていい仕組み」になっている

⚫︎日本人は15歳の学力調査では世界上位を誇る。しかし、大学では . . .

⚫︎教員は「学生がやりたいことを犠牲にしてまで受けたい授業」を創る必要がある

⚫︎オンライン授業の実施は「授業の見える化、オープン化」を推進した

⚫︎タテ・ヨコ・算数で考えよう

⚫︎「やりたいことがない」のは当たり前、何でも挑戦してみよう


企業の採用基準に「成績」を導入せよ 〜 先ずは大人が変わる必要がある 〜

ー ご著書『知的生産術』や『教えるということ』などの中でも、人間は一人だけで学び続けることは出来ず、人間の学びには「ピア・ラーニング(対話を通して学習者同士が互いの力を発揮し合い、協力して学ぶ学習方法)」が必要だと仰っています。しかし、日本では講義ベースの学習形態が今も維持されており、機械的・形式的な学習が伝承されている現状があると思いますが、その辺りはどう考えますか。

出口学長 日本の教育を変えるために一番簡単な方法は「大人が変わること」です。秋入学導入にも賛意を示している、開明的な経団連(日本経済団体連合会)の中西会長などにお願いして、「成績採用」を取り入れることが必要になると思います。

 日本の若者がなぜいい大学を目指して頑張るのかといえば、卒業後いい会社に入れる蓋然性が高いからです。学問を追究したり、あの大学にいるあの先生に弟子入りしたいという志の高い学生はそれほどいません。人間は、私たちが想像するよりいい加減な生き物で、親御さんも同様に力説するので、殆どの学生はいい会社に入社するためにいい大学に入学しようとするのです。

 ということは、いい会社の採用基準に「成績」を含めれば、皆が勉強し始めるのは当然でしょう。

 日本人の英語力は世界的にあまり高い評価を受けていませんが、どうすれば私たちの英語力が向上するかというと、一つの手法として、経団連や全銀協(全国銀行協会)が「TOEFL iBTで90点以上取得していないと面接を受け付けません」と宣言すれば、それだけでいいのです。要はそうした「仕掛け」や「仕組み」が大切になるということです。

 大学で皆が必死に勉強するだけで、日本人の全体像が大きく変わってくると思います。ですから、やはり企業の採用基準を変えていくのが、学生を勉強させる為の一番手っ取り早い方法でしょう。

日本は「大学で勉強しなくてもいい仕組み」になっている 
〜 国連などのスタンダードはマスターやドクターである 〜

ー 学生を受け入れる側のシステムがいかに最適化されているかという問題ですね。

出口学長 APUは半分以上の学生が海外からの留学生ですが、外国の学生は皆必死で勉強します。なぜなら、彼ら彼女らは最初からハーバード大学やオックスフォード大学、東京大学等の大学院を狙っているからです。奨学金を支給してもらい、マスター(修士課程)やドクター(博士課程)を取得し、国連などで勤めたいという目的があるのです。

 日本の企業とは異なり、国連など国際機関の採用ホームページでは殆どのポストが公募されていますが、その条件には必ず「ドクター」「マスター」が入っています。日本の様な学部卒では、エントリーシート・履歴書すら記入することが出来ないのです。

 そんな中で、留学生がなぜAPUに入学してくるのかといえば、先ず、アメリカやヨーロッパの大学に比べて学費が安いからです。加えて、3つの国際認証(AACSB、TedQual、AMBA)を持っているので授業の質が担保されている、秋入学(英語入試)を実施しているので、受験しやすいからという3点が主な理由です。しかし彼らは、APUに入学した後に良い成績を修め、奨学金を貰い、アメリカや英国の大学院に入学して、UNESCO(国際連合教育科学文化機関)や国際連合に就職したいという彼らなりのビジョンがあるのです。だからこそ、死ぬ気で勉強するのです。彼ら自身が好んで勉強しているのではなく、自分たちの夢を実現するためには勉強するしかないという仕組みが働いているのです。

 つまり、日本の学生が勉強しない理由は、社会自体が「勉強させる仕組み」を形成していないからです。製造業の工場モデルがこれまでの日本を支えて来ましたが、製造業に従事する人たちはグローバルに見て低学歴です。拙著にも記しましたが、今までの日本では「ある程度の偏差値」「素直さ」「我慢強さ」「協調性」「上司の言う事をよく聞くこと」の5要素が偏重され、それで十分でした。ですから、大学で必死に勉強する理由はそれほどありませんでした。しかし、その5要素の無批判的な継承こそが、今に至る日本の衰退の原因なのです。皆さんは、この5要素で教育された人材の中からスティーブ・ジョブズの様な人材が育つと思いますか。

ー 大学で勉強する理由が、日本人と外国人では全く異なるのですね。

出口学長 社会は全てが繋がっているので、どこを変化させるかが大切です。

 「一点突破・全面展開」という言葉があるように、最も弱い部分を潰せば、波及的に全てがドミノ倒しで変わっていくのです。そして、先程も述べた通り、今の日本で最も変えやすいのは「企業の採用基準」ではないでしょうか。

日本人は15才の学力調査では世界上位を誇る。しかし大学では . . .

ー 学生と勉強の関係性について、現在の学生には「とりあえず大学に入っておこう」という人が頻見され、大学が就職予備校化している可能性が否めません。

出口学長 日本の学生は、大学に入ってから世界との間に大きな差がつき始めます。OECD(経済協力開発機構)のPISA(学習到達度調査)の3要素をみると、中国やシンガポール、香港には敵わずとも、G7の中で日本人の15歳は最優良の学力を誇ります。ではなぜ、日本人は15歳までは非常に優秀なのに、大学を出た瞬間に海外の人材に勝てなくなるかといえば、理由は簡単で、大学の4年間勉強をしていないからです。

 「勉強してもしなくても、いい企業に入るという目的には何の支障もない」という状況下で、誰が勉強するでしょうか。勉強より合コンの方が楽しいに決まっています。

 APUは、一回生は原則として全員寮に入ります。そこで、留学生と同室になった場合、片方が必死に勉強している姿を見ると、自然に「自分もやらなければならない」と感じることが出来ます。しかし、日本の企業は「なまじ勉強した人は使いにくい」といって、大学院生を重宝しないなどという文化があり、勉強する学生は一向に増加しません。

 15歳の段階の学力はG7で最良だという優秀な教育成果を、企業が潰してしまっているといっても決して過言ではないのです。それは、別に企業に悪気があって行われているのではなく、製造業の工場モデルが基本的に低学歴でも就業可能なシステムになっていたからなのです。

教員は「学生がやりたいことを犠牲にしてまで受けたい授業」を創る必要がある

ー 一般的な大学の授業では、教授が出版した書籍を授業課題として事前拝読し、実際の授業内で深い議論を行う形式が採用されていますが、APUの授業形態も交え、日本の大学における現行の授業形態についてはどう感じられていますか。

出口学長 僕は立命館学園全体の役員も兼ねていますが、今のところ立命館大学で最も先進的な学部の1つが「映像学部」です。

 映像学部の学生が話していた面白い話があります。映像学部は日々、皆が各々の映像制作をしているのですが、ある会議で各学部生に対して意見を求められ、皆が黙っている中、映像学部の一人の学生が学部長にこう告げたそうです。「僕たちは自分たちの映画を撮ったり、デザインをしたりする時間で忙しいので、面白くない授業はやめてください。僕たちが自分のやりたいことを犠牲にしてまで『これは聞かないといけない』と思うほどの根性ある授業をしてくれないと、僕らは大学に行きません」と。

 僕はこの話を聞いて、本当にその通りだなと思いました。この一言に尽きます。大学の4年間は自分のやりたいことを見つける時間だと思うので、自分の感動しない講義や授業であれば行かなくてもいいと思うのです。勉強は結局、最後は自分でするものであり、自分で悩みながら自分のやりたいことを見つけていくべきなのです。ですから、特定の授業に興味がなければ、最低限必要な単位を最低限のコストを払って取得しつつ、この映像学部の学生のようにやりたいことを徹底的にやればいいと思います。

オンライン授業の実施は「授業の見える化、オープン化」を推進した

ー 素晴らしい気概ですね。私も現役大学生なので理解出来ますが、教員側が「これで良い」と思っている授業でも、学生には好ましくない授業というのは日常的に多く見受けられます。

出口学長 そうですね。しかし、大学全体がオンライン授業に移行してから、授業の出来不出来が全て可視化されるようになりました。つまり、オンライン授業は「授業の見える化」ともいえるのです。オフラインの教室で授業をしていると、自分の生徒しかその授業を評価出来ませんが、オンライン授業であれば、他の大学の学生が評価することもあり得ますし、同様の内容を教授する授業なのであれば他の大学のオンライン授業を受けたいという人もいるでしょう。

 オンライン授業の実施による授業の見える化・オープン化を通じて、各授業の競争原理が自然と働くようになったのです。

ー では、ここからは出口学長後自身の話に移りたいと思います。出口学長は、歴史や様々な事柄に対する造詣が非常に深く感じるのですが、その知識は日々どのように蓄えられているのでしょうか。例えば、歴史を学ぶタイミングに関して、一般的に考えられるのは、何か社会的な問題が生じ、その事件の経緯や背景を知りたい時、或いは日常的に時間を確保して学ぶ方法等があると思います。

出口学長 僕はそのどちらでもありません。

 まず、僕は「食べること」と「寝ること」以外に趣味がありません。ですから、空いた時間は本を読んだり、世界を放浪したりしています。日々そのように沢山の本を読んでいる中で、自然と色々な事柄の”繋がり”が見えてくるのです。僕も基本的には怠け者なので、毎日勉強しているわけではありませんし、ランダムに本を読んでいるというだけです。趣味がないので、読んだ本の数が普通の人よりは少し多いのだと思います。

 旅も好きなので、世界約80ヵ国の1200~1300ほどの町は自分の足で歩いてきました。本を読んで興味を惹かれた町は殆ど自分の足で歩いているので、三次元の知識が頭に入っています。

タテ・ヨコ・算数で考えよう

ー 出口学長は「タテ・ヨコ・算数」という3つのキーワードを主唱にされています。その3つのキーワードは、出口学長が考える大切な要素として、どの様な出来事や理論に触発され、浮かび上がってきたのでしょうか。

出口学長 まず、算数から考えると、知的社会においては、エビデンスベースで議論を行うことが学問の常識になっています。ロジカルシンキングですね。算数とは数字、ファクト、ロジックのことで、算数抜きではコミュニケーションが成り立たないのです。算数という言葉は分かりやすいので利用していますが、厳密には「エビデンス」です。

 タテ・ヨコに関しては、ホモサピエンスは単一種であり、黒人も白人も各々が気候の変化に適応しただけだといわれており、人間の脳が1万年以上進化していないことを考えると、喜怒哀楽や判断は同様だといえるので、昔の人や世界の人の話を聞けば参考になるということです。ホモ・サピエンスの本質からタテ・ヨコという基準が生まれてくるのです。

 「タテ・ヨコ・算数」と3つの言葉を並べている理由は、東京大学の薬学博士 池谷裕二教授に教わったことなのですが、人間の脳の数字に対する捉え方は「1、2、3、沢山…」と設計されている様なのです。脳が数字を理解する時は、初めに「1、2、3、沢山」と理解した後、一度「沢山」という段階を挟んでから、「4、5、6….100」と考えるのです。こういったエビデンスを知っているので、3つの言葉にまとめたという経緯があります。

「やりたいことがない」のは当たり前、何でも挑戦してみよう。

ー 出口学長の趣味の話にも関連しますが、今の日本では「やりたいことがない」という学生が多くいて、将来を不安に感じている方も沢山いると思います。その現状に対して出口学長はどう捉えられているのでしょうか。

出口学長 18歳やそこらの年齢で、自分のやりたいことを把握出来るはずがありません。僕は72歳を超えていますが、未だに自分が何に向いているのか、何をしたいのかが理解出来ていません。

ー しかし、世界を席巻するインフルエンサーの方々は「一つの事に没頭せよ」と謳う人が多いのも事実です。

出口学長 それは間違っていると思います。「一つの事に熱中しろ」という意見と「色々なことに挑戦した方がいい」という2つの意見は同じ平面上にある考え方ではありません。皆がテニスの大阪なおみ選手だと仮定した場合、テニスに熱中すべきことは明確です。彼女くらいのタレント・才能があれば、誰が考えても熱中した方が得なのです。ですから、自分の才能が人より抜きん出ていると思えたり、一つの事に集中して「これしかない」と思っている状態であれば、熱中した方が成果は出ます。

 しかし、やりたいことは何かが分からない状況で、何かに熱中することなどできません。特異な才能とか、やりたいことがない人に向かって熱中しろといっても、熱中できないのです。ガールフレンドやボーイフレンドと同じで、めちゃめちゃ好きになった人には熱中できますが、そうではない人については、少し付き合ってみたとしても直ぐに目移りするでしょう。

 つまり、「物事一つに熱中した方がいい」という考えと「色々なことに挑戦した方がいい」という考えは、同じ平面上にはなく、対象者が異なるのです。才能があったり、やりたいことに向かって盲信している状態であれば熱中し、まだ分からない段階では自分の気持ちに正直に色々なことにチャレンジしたがいいと思います。

 要は、物事を立体的に考える必要があります。二択の場合は往々にして同一平面状にないケースが多いのです。この件に関しては、よく考えてみれば元来の関係性が異なるのです。ですから、皆さんには物事を考える際、立体的に且つ同一平面状の問題か否かを考えるクセをつけてほしいですね。

ー 誹謗中傷を筆頭に、世間では色々なバッシング被害に遭遇する方々がいらっしゃり、昨今の若者は思い切って何かにチャレンジする精神を持ちにくいのかなとも考察しています。最後に、今の若者にメッセージがあればお聞かせ頂ければ幸いです。

出口学長 まだ自分のやりたいことが明確になっていない段階では、色々なことを欲張ってみてもいいと思うので、とりあえず思ったことを行動に移してみたらいいと思います。大阪なおみ選手がテニスの道を志す場合とは違い、「これをやってみたいな」と思う段階で、まずやってみて初めて分かることも多々あるので、ぜひ色々なことにチャレンジしてほしいですね。

 まず行動し、出来ることから動き始め、その中で頭を使って色々と考える中で、「これは青い鳥ではないな」と思ったらやめてもいいわけです。逆に、5年かけてこれをやってみようと志してもいい。体で動いてみて初めて分かることが人生には山ほどあるのです。

(取材:角田 雅治 Masaharu Sumida @miyabi_media
(デザイン:射落 美生乃 Miuno Iochi @00trans_


 

〜 出口 治明(でぐち はるあき) プロフィール 〜

出口 治明(APU / 立命館アジア太平洋大学 学長)

 ・1948年、三重県生まれ。
 ・京都大学法学部卒業後、日本生命に入社。
 ・ロンドン現地法人社長、国際業務部長等を歴任。
 ・2006年に同社を退職、ライフネット生命を創業。2008年に開業。2012年に上場。
  社長・会長を10年務める。
 ・2017年にライフネット生命 代表取締役会長を退任した後、2018年1月より現職。

 APU HP:apu.ac.jp
Twitter:@p_hal

~ 著書多数 ~

           

スポンサーリンク
Advertisements
スポンサーリンク
miyabi_kyosaka
教育実践キュレーター。慶應義塾大学在学中。NPO法人日本教育再興連盟ROJE所属。読売新聞学生記者。日本若者協議会所属。某 AO入試専門塾講師。N高等学校出身。|「未来は予測するのものではなく、この手で創る」をモットーに圧倒的行動で教育を一新しようと、教育ジャーナリズムの活動をしております。