「学校教育と英語学習の未来」本間正人副学長/京都芸術大学 インタビュー ❷【教師に求められる3つのこと?】

インタビュー記念写真

 京都芸術大学の本間正人副学長に「学校教育と英語学習の未来」というテーマでインタビューさせて頂きました。

 全4回に分けて紹介する本間先生とのインタビューで、今回は第❷回目です。※このインタビューは2019年に行われたものです。


〜 本間 正人(ホンマ マサト) プロフィール 〜

「教育学」を超える「学習学」の提唱者・東京大学文学部社会学科卒業、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学Ph.D.)。京都造形芸術大学教授・副学長・NPO学習学協会代表理事・NPOハロードリーム実行委員会理事。「楽しくて、即、役に立つ」参加型研修の講師としてアクティブ・ラーニングドリームを25年以上実践し、研修講師塾を主宰する。ミネソタ州政府貿易局、松下政経塾研究主担当、NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」「三か月トピック英会話:SNSで磨くアウトプット表現術」の講師などを歴任。TVニュース番組のアンカーとしても定評がある。一般社団法人大学イノベーション研究所代表理事、アカデミックコーチング学会会長、一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会理事、一般財団法人しつもん財団理事などを務める。

本間正人先生Twitter:learnologist
本間正人先生Facebook:masato.homma
らーのろじー株式会社:らーのろじー株式会社HP


本特集一覧

・【学校の存在意義とは】「学校教育と英語学習の未来」京都芸術大学 本間正人副学長 スペシャルインタビュー❶


 このシリーズでは、教育のICT化や世界の教育界の潮流に出遅れてしまっている現在の日本的学校教育の問題点、加えて、本間先生の提唱される最新学習歴やアクティブラーニング、最適な英語学習法について学んでいきます。この記事を機会に、あなたが日本の教育について考え直すキッカケとなれば幸いです。ではいきましょう!


Contents
⑥ 学習とは本来、総合学習である
⑦ これからの教員に必要な3つの要素
⑧ 移行過程の時代を生き抜く
⑨ 子どもたちに新しい選択肢を
⑩ 教育は人格と人柄が重要である


⑥学習とは本来、総合学習である


Miyabi

前回の最後では、人間は生まれながらのアクティブラーナーであり、学んだ内容を皆と共有することが大切だと仰っていましたね。

 


本間副学長

はい!

理想的には自分の所属する学校の中に、自分の探求を「それ凄いね!」と認めてくれる先生がいて「これ統計的に分析してみたらスゴく面白いと思うよ」なんて言って、推理統計学の世界に誘ってくれると、学習統計の流れに入れることができます。

あるいは「それについてこういう英語の文献があるんだけど読んでみない?」と言って、英語の文献を調べるという方に呼び水を流してくれたら、スゴくその生徒の学びの幅が広がります。


Miyabi

確かに!褒めてくれたり、評価してくれる人がいると勉強が捗りますもんね!

 


本間副学長

ただ、多くの学校の先生は教員免許を貰う際に、教科教育法を中心とした「国語・数学・理科・社会・英語の知識をいかに教えるか」という「ティーチング」のトレーニングは受けていますが、一人一人の個別具体的な学びの幅を広げ、それを深め、促進するような「コーチング」のトレーニングはほぼ受けていません。

更に、それが出来る人は残念ながら現状の学校現場には少ないのが事実です。


Miyabi

実際にはいないのか。。。愕然 (°_°)

 


本間副学長

先ほど述べたような良い学習の流れになった時には、子どもたちも「統計なんて数Ⅲかもしれないけれど、やってみようかな」と思えるわけです。

今は国語の先生や社会の先生は数学が苦手で、学習は本来総合的な学習なのに、生徒の話を聞いて「いいね!」と言っても、じゃあそれを「統計に」「脳科学の方へ」とはならないわけです。「文系、理系」と分かれている事も残念ですね。

学習というものは本来総合的なものなのに、総合的にサポートできる人材を教員養成課程が「教科」という枠に縛られていて、要請していないわけです。


Miyabi

一人一人の教員が、自分の担当する教科の枠だけに閉じこもっちゃってるんですね。

 


本間副学長

例えば、僕は以前「英語で読む中国古典」という講座を行ったことがあります。

みんなが漢文を苦手に思うわけは「なんで返り点を打たないといけないわけ?面倒臭いじゃん」といったところです。

これは日本語と中国語で主語、動詞、目的語の順番が違うからなのです。
英語が「
I love you」、中国語は「我爱你(ウォーアイニー)」で「私は愛するあなたを」です。
でも日本語と語順が違うから返り点を打たないといけないわけです。

昔は英語にも返り点を打っていました。だからこそ英語がちょっと出来れば漢文を一旦英語に訳せば「なんだ我爱你(ウォーアイニー)とI love you一緒じゃん」となるのです。でも漢文の先生は英語が苦手で、英語の先生は漢文が苦手だからそういう発想にならないのです。

「大学」という四書五経の四書の1つがありますが、これを英語で読むと「なんだこういうことなんだ」と凄く良く分かるわけです。
例えば、中国語の「有」という字は英語で「have」です。「物に本末有り=物有本末」と書いてあります。
ある訳は「Things have begining and end. = 物事には始まりと終わりがある」ある訳には「物事には基本と些末な事がある」と。
これを「さぁどっちがいいと思う?じゃあみんなでディベートをしてみよう」という授業があれば凄く面白いわけです。でも今は無いわけです。

今は面白いかどうかよりも漢文では「この論語のこの部分と、白居易のこの詩の部分と、李白のこの部分と、司馬遷の史記のこの部分を必ずやることになっています。はい、教科書でやりました。」というアリバイ作りのような授業をやっているので、楽しくもなんとも無いし、やらないと怒られるわけです。


Miyabi

「生徒に学びの楽しさを感じさせよう!」ではなく
今の学校は「決められたカリキュラムをしっかり教えよう!」と形式的になっている訳ですね。

 

⑦これからの教員に必要な3つの要素


Miyabi

ということは、これからの先生の役割は「いかに、子どもたちに学びを楽しいと感じてもらうか」という風に変わっていくわけですね。ファシリテーション的な感じですかね?


本間副学長

そうですね。僕は、これからの教師の役割は3つあると思っています。

1つ目は「コーチング」です。
一人一人の自発性と可能性を引き出す。
一人一人の人生の目標や当面のやりたい事があって、それを実現するためにどうしたら良いのかを個別具体的な状況に合わせてコーチングしていきます。

2つ目は「ファシリテーション」です。
「一対他」で学びあいをサポートする。
ワークショップなどで「はい、じゃあ二人組を作ってね」「グループワークでこれをやってね」「はい発表」などのアクティブラーニングをしていく際には、個別ではない「一対他の学び合いの場」をからかったりいじめのないように安全に作り、そこで皆のコミュニケーション能力や社会性を協働してプロデュースしていくことです。

3つ目は「メンタリング」です。
メンターというのは自分自身の経験を踏まえて後から来る人達を指導します。
会社の営業マンが自分の営業経験を踏まえて若手の営業マンを指導する事であったり、看護師の総師長さんや師長さんが若手の看護師さんに「患者さんはこういった人がいるからこういう風に対応したらいいよ」や「採血のポイントはココ」など教科書に載っていないようなコツや秘訣,独自のものがその営業所や病院にはあって、その経験を踏まえて伝えることです。


Miyabi

そう聞くと、これからの学校の授業がメチャメチャ楽しくなりそう!

 


本間副学長

加えて、先生、教師というのは本来「学習の専門家」であるべきだと思います。

教えることの専門家ではなくて、学習者としてのお手本であってほしいというのが僕の考えです。

先生が毎日、最新学習歴を生き生きと楽しそうにワクワクしながら更新していて「学ぶことは楽しいよ」と言っていたら、それが子供達に伝わります。

「勉強は辛いことだけれども、私たちもやってきたのだからあなた達もやりなさい」では全然モチベーションには繋がりません。

僕は教員研修,副校長研修,校長研修も行いますが、そこで必ず先生方に申し上げるのは「4月の1学期の最初の授業で、教科書の1ページ目からやらないでください」ということです。

つまり、特に高校などの場合「なぜ数学を選んだのか、世界史を選んだのか、物理学を選んだのか、そしてその勉強にはどんな面白いこと,楽しいこと,ワクワクする世界が広がっているのかを自分の言葉で喋ってください」という事です。


Miyabi

確かに!私は先生が辛そうにしてる授業なんて絶対に受ける気になりません笑
                 先生にも学ぶ動機をしっかり持てということですね。

 


本間副学長

あとは、例えば、高校1年生の時、10教科中10人の先生がそれぞれ自分の言葉で話せば、全員が物理学のファンになるわけでもなく、全員が漢文の虜になるわけではないですが、どこかしらにハマる可能性は出てくると思うわけです。そうしたら学校に行く理由ができますよね。

ただ10教科ある中でも「なんで漢文やらないといけないの?なんで数学や英語をやらないといけないの?」など、全部の科目に「なんで?」がある子供達もいて、その子達がその後不登校になったり、学校に来ていたとしてもお勉強に身が入らないということは当然だと僕は思います。

でも1教科でも得意だ好きだというものがあれば、随分違うとも思います。

「僕の勉強の仕方は、こうやって本を読んで要約ノートを作るんだよ」、「僕はテレビやラジオで学んだんだよね」などいろいろな学び方があると思うので、学び方についての体験を生徒にシェアすれば、それは生徒にとってプラスになると思います。

先生の役割は学習者としての先人、いい学習者のお手本であること、楽しくワクワク学ぶ姿を生徒達にみせることです。


Miyabi

先生の役割は学習者としての先人、いい学習者のお手本であること。」か。名言ですね。
でも、みんながみんな、学校の強化の中だけに自分の好きなこと、やりたいことがある人ではないと思うんです。その場合、その子たちと学校の関係はどのように捉えれば良いのでしょうか?

 


本間副学長

そうですね。まず、学校以外でも、自分たちで色々な活動を自主的にやっている人は全然問題ないと思います。

でも、どこかのタイミングで「あれ?どうしようかな?」とか、我流にはまって同じことの繰り返しになってしまったりした場合には、誰かからアドバイスを貰うことによって「こんな道もあるんだ」「こんな選択肢もあるよ」ということが発生する場合もあります。

自学自習で自己完結している人も大勢いると思いますが、誰かとの交流は多くの場合、役に立つと思います。

今の世の中色々な人と交流できるので、必ずしも活動を学校という枠の中で行わないといけないわけではありません。


Miyabi

今の時代、どんどん学校を飛び出しても構わないという事ですね!

 

⑧移行過程の時代を生き抜く


Miyabi

でも、そんな素晴らしい「子どもたちを全力でバックアップする学校」はいつ生まれるのでしょうか?

 


本間副学長

そこに関しては、今は移行過程で、明日から急に社会が別の世界にコロッと変わるわけではありません。

だからこそ、高校を卒業しておいた方が明らかに不利益を被らないし、大学も卒業しておいた方が今のところは選択肢は増えます。

そういった状況の中で過程的にも無理がなければ選択肢の増える道を歩んでおく方が得策だとは僕は思いますし、必要条件ではないけれども、クリア出来るなら、やっておいて邪魔には決してなりません。


Miyabi

今の世の中はまだ、最低限の資格が必要なのですね。

 


本間副学長

ただ、多くの人が「いい大学,偏差値の高い大学に入る事」が自己目的化してしまって、本来の学びの楽しさが犠牲になったり、国語・数学・理科・社会・英語だけが大事で、他の探求・スポーツ・音楽が二の次三の次「そんなくだらない事やめろ」と周りに言われたりしてしまうと、それは非常に残念でもったいない事だと思います。

実際、国語・数学・理科・社会・英語で高所得を挙げている人は滅多にいません。

でもイニエスタはいくら貰っているの?EXILE,ジャニーズ、吉本の人達がいくら稼いでいるのか?という話です。

突出した人達はすでに学歴と全く違うところで社会的な大活躍を修めています。

ただその次の層の人達、マーケットが確立されていない所の人達は2019,20年現在の状況の中ではおそらく高校・大学を卒業しておいた方が選択肢が広がります。

ここから先そうではない方向に向かうことも多いにあり得ますが。

 

⑨子どもたちに新しい選択肢を


Miyabi

素晴らしいお話をありがとうございます。では、近年台頭してきているN高等学校やゼロ高等学院、Loochs(ルークス)などの新しい学校についてはどう思われますか?

 


本間副学長

そうですね、選択肢が増えるのは良いことですし、実際にN高はe-Sportsのアジア大会で優勝したり、結果も出ています。

上木原副校長(N高等学校)ともお話をしますが、最大のポイントは「目立つ子はいいけれども、N高のカリキュラム、プログラムでもやっぱりなぁ」と継続出来ない子も多いと思いますし、そこに対してどうサポートしていくのか、あまりコストのかからない方法で、どうコーチングを導入するかが大規模校になればなるほどポイントになります。 

折角N高に入ったのに卒業出来ないとなると、自己肯定感も下がってしまいますし、残念です。

もうちょっとサポートがあれば単位も取れて卒業出来るというボーダーラインにいる子供達にどうサポートしていくのかが、それらの学校の課題だと思います。

やはり突出した子に憧れて入る人達が多いと思いますので「あの子とは違う」とガッカリしてしまうともったいないですし。


Miyabi

その通りですね。私もN高等学校出身ですが、やはり、通信制でどれだけカリキュラムが豊富と言っても、サポートしきれない部分があるんですよね。例えば、学習意欲なんかは、本質的には本人しか生み出せない要素ですから。

 

⑩教育には、人格と人柄が重要である


本間副学長

はい。そしてその際、教育というのは仕組みだけじゃなくて、教育者の人格や人柄が凄く大切だと思います。

堀江貴文さんなど、学校に関して世間では色々な意見がありますが、イノベーターというのはああいうキャラクターなものです。

だから、皆がホリエモンになったら社会は回らないんです。

でもそういった人達がいる事によって、宇宙開発や教育が発展し、面白い事が進むのは良い事ですし、皆がなる必要はないけれども、イノベーターの1つのロードモデルとしては凄く大切ですね。


Miyabi

時代の先端。


本間副学長

N高は、生徒が先生達より先に輝いたので良い展開だと思います。

オール通信だけではなくて通学のプログラムもいくつか設けていて、そっちも人気がありますね。

通学の方が11の個別サポートがしやすくて、認められるとそれだけで自己肯定感も高められますし。

今日丁度拝見しましたが、クラーク記念国際高等学校も新しいプログラミングの授業を始めていて、面白いなぁと思いました。

あと僕が注目しているのは、ビリギャルの坪田先生が吉本興業と組んで「Edutainment」をやると謳っていて、オリエンタルラジオの中田敦彦くんなどが色々なコンテンツを発信すれば、つまらないと思う先生より、断然面白いんです。

よしもとの芸人で房野くん(コンビ名:ブロードキャスト!!)という戦国時代や幕末,明治維新の現代語訳の本を勝手に現代語の日本語で分かりやすく伝えたりしている人もいます。そういった新しい取り組みがある事は非常に素晴らしい事だと思います。


Miyabi

Edutainmentに芸人さんが歴史の勉強を解説するなんて、子どもたちには万々歳ですね!
ただあえて懸念点を挙げるなら、N高もそうですが、オール通信制で学校とつながっている子どもたちは、意外と学校側からのサポートを直に感じれなかったりして、自分でアクションを起こすのが難しかったりしませんか?

 


本間副学長

そうですね。16~18年の人生の中で「これだ!」というものになかなか出会わなかった子も多いと思います。

特に、2001年以降「911」や「同時多発テロ」などで、保護者さん達が「海外に行くことが怖い」と思ってしまい、それが子供に伝授して、日本人の若者の「海外に行こう」という熱が冷めてしまいました。「日本は安全、海外は怖い」と。

なので、とりあえず今存在している中学校や高校が、どこでも良いので子どもたちと海外へ修学旅行に行ってみたりするのは悪い事ではないと思います。

キャリア教育でも修学旅行でも、色々な体験を積むことが非常に重要だと思っていますし、狭い範囲で「学校⇆自宅」の往復だけでいると、ネットとゲームとテレビだけのように「体験のダイナミックレンジ(dynamic range)」が極めて狭い16~18年間を送ってしまうので、その中に自分の得意な事や好きな事がないのは、ある意味仕方がない事だと思います。


Miyabi

海外に行って、全く違った環境を経験するのは確かに大切ですね。家にこもっている子も今まで知らなかった世界が見えるかもしれません。


本間正人副学長 京都造形芸術大学 インタビュー 「学校教育と英語学習の未来」の第2回目はここまでです。

次回の第3回では、身体を使って物事を学ぶ大切さや、最近話題のリカレント教育21世紀に即した学びについて、本間先生の意見を伺います!

下記に再度、本間先生のSNSアカウントを記載しておきます。
本間先生は、ご自身の豊富な見識を基に非常に役立つ情報を発信されています。ぜひ覗いてみてください👌

本間正人先生Twitter:learnologist
本間正人先生Facebook:masato.homma

面白いと思ったら次回の記事もぜひご覧ください!ではまた!

スポンサーリンク
Advertisements
スポンサーリンク
miyabi_kyosaka
教育実践キュレーター。慶應義塾大学在学中。NPO法人日本教育再興連盟ROJE所属。読売新聞学生記者。日本若者協議会所属。某 AO入試専門塾講師。N高等学校出身。|「未来は予測するのものではなく、この手で創る」をモットーに圧倒的行動で教育を一新しようと、教育ジャーナリズムの活動をしております。