「学校教育と英語学習の未来」本間正人副学長/京都芸術大学 インタビュー ❹【クリエイティブな日本で新しいことに挑戦しよう】

インタビュー記念写真

 京都芸術大学の本間正人副学長に「学校教育と英語学習の未来」というテーマでインタビューさせて頂きました。

 全4回に分けて紹介する本間先生とのインタビューで、今回は最終回、第❹回です。※このインタビューは新型コロナウイルス感染症の感染拡大以前の2019年に行われたものです。

〜 本間 正人(ホンマ マサト) プロフィール 〜

「教育学」を超える「学習学」の提唱者・東京大学文学部社会学科卒業、ミネソタ大学大学院修了(成人教育学Ph.D.)。京都造形芸術大学教授・副学長・NPO学習学協会代表理事・NPOハロードリーム実行委員会理事。「楽しくて、即、役に立つ」参加型研修の講師としてアクティブ・ラーニングドリームを25年以上実践し、研修講師塾を主宰する。ミネソタ州政府貿易局、松下政経塾研究主担当、NHK教育テレビ「実践ビジネス英会話」「三か月トピック英会話:SNSで磨くアウトプット表現術」の講師などを歴任。TVニュース番組のアンカーとしても定評がある。一般社団法人大学イノベーション研究所代表理事、アカデミックコーチング学会会長、一般社団法人キャリア教育コーディネーターネットワーク協議会理事、一般財団法人しつもん財団理事などを務める。

本間正人先生Twitter:learnologist
本間正人先生Facebook:masato.homma
らーのろじー株式会社:らーのろじー株式会社HP


本特集一覧

・【学校の存在意義とは】「学校教育と英語学習の未来」京都芸術大学 本間正人副学長 スペシャルインタビュー❶

・【教師に求められる3つのこと】「学校教育と英語学習の未来」京都芸術大学 本間正人副学長 スペシャルインタビュー❷

・【リカレント教育と探究学習】「学校教育と英語学習の未来」京都芸術大学 本間正人副学長 スペシャルインタビュー❸


 このシリーズでは、教育のICT化や世界の教育界の潮流に出遅れてしまっている現在の日本的学校教育の問題点、加えて、本間先生の提唱される最新学習歴やアクティブラーニング、最適な英語学習法について学んでいきます。この記事を機会に、あなたが日本の教育について考え直すキッカケとなれば幸いです。ではいきましょう!


Contents
16. 「クリエイティブといえば日本」へ
17. 高齢者の活躍と英語学習の未来
18. 1日1%の積み重ねが大きな成長を生む
19. 親御さんへ
20. 未来の子どもたちへ


16.「クリエイティブといえば日本」へ


Miyabi

前回のインタビューの最後では、AIには自発的なアクションが不可能だという話に加えて、京都芸大を含めた「クリエイティブな大学とは」について話しましたね!

 


本間副学長

そうでしたね!

「モノづくり」は今や日本は、完全に中国に負けたんです。認めたくない人はいるけれど。

ICTのインフラ、プラットフォーム」ではアメリカに完全にやられたのです。GAFAの時代でございまして。

でも「世界で1番クリエイティブな国」といったらまだこれは決まっていません。

僕は、日本が再生していく道筋というのはやっぱり「クリエイティビティ」だと思っています。


Miyabi

クリエイティブな日本!漫画やアニメも日本は圧倒的に強いですし!

 


本間副学長

でも皆そういう国のビジョンのようなものは語らないじゃないですか。

「少子化、高齢化、年金は破綻するぞ」という話ばかりをします。

日本をどっちの方角に持っていくかの話をすれば、「クリエイティブといえば日本でしょ」とすることは決して不可能なことではありません。

更に、それは高齢者が活躍出来る道でもあります。


Miyabi

クリエイティブな社会では、高齢者も活躍できるんですか!?

 

17.高齢者の活躍と英語学習の未来

17.高齢者の活躍と英語学習の未来


Miyabi

でも、考えてみれば高齢者の方々は経験値が圧倒的なのでクリエイティビティは高そうです。

 


本間副学長

Yesです。

60歳からでもその後20年間やれば伝統工芸のマスターになれるのです。文学作品でも俳句でも短歌でも。

語学、英語に関していえば、2000時間やれば良く、僕は「0から初めて2000時間」という説を提唱しています。

11時間で5年半なわけで、2000時間は日本の労働者の1年間の労働時間なので、どこかで1年間英語漬けになれば英語はできるようになるわけです。詰めれば5ヶ月~半年で十分運用出来るんです。アメリカの国務省やCIAはそうやって半年程度でプロを養成しています。

だからこそ「全ての学校に全教科の教員をフルタイムで雇用しなきゃいけない」というままではダメなのです。

僕が新しい学校を作るなら、最初の半年で英語を集中的に行って、ノンネイティブとして皆十分な運用能力が付く様な高校を作りますね。


Miyabi

5ヶ月や半年で本当に運用レベルにまで上達可能なのですか?!

 


本間副学長

まぁ当然、英語が嫌いな人を呼んだら、そりゃリハビリに何ヵ月かかってしまいます。

でも普通、ゼロから始めたらまぁ5ヶ月ですね。その内、英語を110時間程度で授業は2時間3時間程度で大丈夫です。

3才の子供なんて語学を親よりテレビから学んでいるわけですね。だから英語漬けにすることが大切です。


Miyabi

本間先生はTOEICが満点とお聞きしたのですが、英語上級者として日本の民間英語試験についてどう感じていますか?

 


本間副学長

そうですね、結局、TOEFLTOEICIELTSGTEC、英検と様々なものがありますが「何のためにその能力を測定するのか」とが大切です。

試験を受けることが目的ではなくて、それらは1つの手段です。

日本では、受験から何から全部手段が目的化してるという悲劇がありますが、ビジネス英語をやりたいビジネスマンにはTOEIC、アメリカ・カナダの大学に行きたい子にとっては授業の予行練習のような試験になっているからTOEFL iBTなのです。

GTECや英検は今1番普及しつつあるのですが、これは日本の大学に入るためのものであって、日本でしか通用しないガラパゴスなのです。

これらも横並びで、国立大学協議会というのがあって国大協としてはこうしますみたいな「右へ並え」ですが、何を使ったっていいんです。完璧な基準なんてないわけなので。

例えば、サッカーの選手として他の選手と意思疎通するためなら、200時間300時間で十分だと思います。

フォーメーションの話と、どのタイミングでパスを出すか、この時にオフサイドトラップをどうするか、という会話が出来る事が大切なのであって、別に核物理学について語らなくても良いじゃないですか。

でも英語の教科書って、1冊の本の中に文学があって詩も小説も随筆もあり、歴史、政治経済、科学技術、偉人伝まで入っていて、どれだけ不気味なんだという事です。そんなものは今、教科書以外はありえないのです。


Miyabi

確かに!無理矢理興味のない分野を英語で学んでいる気がします!

 


本間副学長

はい。そういうボトムアップ・ミニマムスタンダードがあるから「文学は関心あるけど、政治経済は関心ない」、「自然科学は関心あるけど、偉人伝は関心ないのにやらないといけないの?」となっちゃうわけです。

昔は教材が少なかったのでそれしか方法がありませんでしたが、今はサッカーの英語を学ぼうと思えばサッカー選手のインタビューなんて溢れるほど一杯ありますし、サッカーの中継を見れば良いわけで、それが1番合理的だ思います。


Miyabi

学校の教科書のように無理に分野を越境して英語を学ぶ必要はないということですね!

 

18.1日1%の積み重ねが大きな成長を生む


本間副学長

やはり、学校側は目的に合わせて評価方法を考えた方が良いのです。

「評価=他者との比較」と皆囚われてしまいますが、最新学習歴を更新するという学習学の立場から言わせ頂くと、評価の一番重要なことは「自己ベストを更新し続けているかどうか」なのです。

自己ベストを更新し続けていれば、ネットで絵がよく掲載されていますが「1.01365条」は物凄い数で「0.99365条」は限りなく0に近くなります。

11%成長していれば、それは1年でみると物凄い成長なのです。1%退化していたら、限りなく0に近くなっていくという事です。

1%じゃなくても良いんです。0.5%,0.1%でもいいから自己ベストを更新し続ける事こそが人生を豊かにする事だと思います。


Miyabi

何事も1%で良いから成長しようと。

 


本間副学長

その通りです。

「他者との比較」という観点から、大学に入るのが凄く狭き門で、試験というものが「選抜・足切り」のために行われていた人口構成の時代の残像が、未だに多くの人の頭の中に残っていて、大学全入で私立の大学の過半数が定員割れしている時代の現実を見ていないという事です。

そう考えた時に、旧来型学校教育形態は副作用の方が大きくなっていますね。

 

19.親御さんへ


Miyabi

では終盤になりましたが、まず1つ、未来を創る子どもたちを支援する親御さんにアドバイスがあればぜひお聞かせください。

 


本間副学長

少し厳しい言い方になりますが、自分たちが高校生、大学生だった頃の常識を若い世代に押し付けないでほしいという事ですね。

明治維新になっているのに武家のしきたりを押し付けているようなものですと。

日清戦争で日本は清の国に勝ったわけですが、なぜかというと清の国の官僚は家臣、家人で選ばれていたわけです。

彼らは四書五経や李白、白居易の仕様を諳んじる事は出来たけれども、西洋の科学などに全く疎かったわけです。

そしてアヘン戦争に負け、急速に近代化した日本に敗れ去ったのは「昔の仕組みでリーダーが選ばれていた」からです。

日本は今それに限りなく近く、危ないです。

国語・数学・理科・社会・英語のセンター試験で国のリーダーを選んでいる現状は、本当にあの頃のアヘン戦争と日清戦争でボロボロになった清の国の末期を見ているような気が僕はします。

お願いだからお父さんお母さん、そんな愚を自分達の可愛い息子、娘たちに歩ませないでください。

お父さんお母さんの時代は金融機関が1番安定した職場だったかもしれません。でも「今は大間違い」です。

金融機関というのはポケットの中にどんどん移って来ています。

都会の一等地に銀行の支店があり、二列三列の人達がペーパーワークをやっている未来は10年後全く存在しない。

支店の数0にはならないですが、激減しているわけですよ。

安定した職業、安定した職場なんて本当に存在しないという事をまず認識していただきたいです。

変わり続ける社会にどう適応し続けるか、そのためには学び続ける力が必要で「学びの楽しさ」というものを、幼少期の原体験として持っているという事こそが、変わり続ける社会を生き延びていく上で大切です。

「勉強は嫌、だけどやらないといけないもの」という勉強や学習に対するネガティビティを植え付ける事だけは絶対にしないでほしい。


Miyabi

明治維新や日清戦争、分かり易いアドバイスをありがとうございます!親御さんはぜひご参考に!

 

20.未来の子どもたちへ


Miyabi

では最後に、私の同年代の学生や小中高生にアドバイスがあればお願いします。

 


本間副学長

公序良俗と安全に配慮しながら、無茶や危険な事や他の人に多大な迷惑をかける事はやらない方が良いですが、その範囲内で「え?ここまでやるか!」というくらい挑戦しよう!

「今までの」学校教育は「正解が存在するから、それ以外のことは間違い」という風に逸脱行動を排除する力が強かったんです。

色々なことに積極的に挑戦して、ある一時点でそれがまだ成功と呼べなかったとしても、それを「失敗」と呼ぶのはやめよう。

「失敗しちゃいけない」という失敗に対する恐怖が、イノベーターの挑戦に対する強烈なブレーキとして働いていると思います。

失敗と言うことはやめよう」と僕は提案します。

前向きにチャレンジをして、ある一時点でまだそれが成功と呼べなかったとしても、それは「未成功」と呼ぼう。

英語では「pre-success/プレサクセス」。質の高い「未成功」を積み上げていく事が成功への道だと僕は思っています。

何にも挑戦しなかったら、それこそが貴重な命の時間を失っていく敗北の道だと思います。

やってみないと分からない事は世の中にいっぱいあるでしょう。
ある時に失敗だと思っていても、それが次に生きてくる場合が往往にしてあるんです。

やらない人は頭の中で妄想しているだけで、仮説で止まってしまっています、実践しないと検証できないんです。

挑戦しよう。

~本間正人先生へのお礼~

最後の質問に対する答えを聞いて、心の底から明るい未来に対して希望を持ちました。

「動いて幾度の未成功を積み、その繰り返しで成功できる」

そんな大切なことを私たち若者が体現し、一杯転んで立ち上がり、実現していけば、それ以上の本間先生への恩返しはないと、そう思います。

貴重なお時間を本当にありがとうございました。


今回の本間正人副学長 京都造形芸術大学 インタビュー 「学校教育と英語学習の未来」の第❹回が終了し、今回の本間先生への連載インタビューは終了となります。

下記に再度、本間先生のSNSアカウントやその他の情報を記載しておきます。
本間先生は、ご自身の豊富な見識を基に非常に役立つ情報を発信されています。ぜひ覗いてみてください👌

本間正人先生Twitter:learnologist
本間正人先生Facebook:masato.homma
らーのろじー株式会社らーのろじー株式会社HP

本間先生は著書を多数刊行されています。ぜひお手に取って、本間先生の「学習学」を感じてみてください!

これからもアカデミズム、教育の世界を一緒に考えていきましょう!ではまた!

スポンサーリンク
Advertisements
スポンサーリンク
miyabi_kyosaka
教育実践キュレーター。慶應義塾大学在学中。NPO法人日本教育再興連盟ROJE所属。読売新聞学生記者。日本若者協議会所属。某 AO入試専門塾講師。N高等学校出身。|「未来は予測するのものではなく、この手で創る」をモットーに圧倒的行動で教育を一新しようと、教育ジャーナリズムの活動をしております。