『21世紀のICT教育とプログラミング』【下】〜Googleが使える入学試験とは!?〜 Life is Tech!讃井康智取締役

Life is Tech !  讃井康智取締役に「21世紀のICT教育とプログラミング」についてお話を伺いました。

プログラミング業界、教育界のフロントランナーが考えるICT教育とプログラミング教育の理想像とは何なのかに迫ります。今回はインタビュー後半記事【下】です。

インタビュー【上】はこちら
https://learners-high.blog/archives/life-is-tech-sanui-interview.html

近年の教育界の動向は目まぐるしく、高大接続改革やプログラミング教育の導入など様々な改革が行われています。
しかし、改革の理想像のみならず、日本の教育の現状の課題、そして今後起こるであろう問題に対して、子どもや教師、保護者がどう向き合っていけば良いかを知ることは非常に大切になります。 

今回のインタビュー後半では、昨今、ICT化に遅れを取る日本の学校教育を踏まえ、Googleを利用した入試やネット完結型通信制高校について深掘りしていきます。

(本取材はコロナウイルス拡大前の昨年のうちに行ったものです)


〜 讃井康智(さぬい やすとも) プロフィール 〜

Life is Tech ! 白金高輪本校にて

 讃井 康智(ライフイズテック株式会社 取締役)

1983年福岡県出身。東京大学教育学部卒業後、リンクアンドモチベーションで勤務した後、東京大学教育学研究科にて博士課程まで在籍。教育政策・学習科学が専門。学習科学の世界的権威、故三宅なほみ教授にも師事し、全国の学校・教委での協調的・創造的な学びづくりを支援。2010年にライフイズテックを創業。累計4万2千人が参加し、中高生向けIT教育サービスでは世界2位まで成長。ディズニーとコラボしたテクノロジア魔法学校や学校向けLife is Tech ! Lessonなどオンライン教材も提供。NewsPicksでは教育領域のプロピッカーを務め、THE UPDATEなどにも出演。地方と首都圏の「可能性の認識差」を埋めるべく全国を奔走中。

twiter :sanu0822
note: https://note.com/sanu0822



Contents

Googleを使った入試で大学受験が変わる

ネット・通信制高校の課題は”つながり”

好きなことを見つけよう!


 

Googleを使った入試で大学受験が変わる

 

ーー 現在、学校教員の方々は学習指導要領に沿った教育を行われていると思いますが、これからの時代においての教員の役割はどう変化していくのでしょうか。

讃井
本質は変わらないと思います。AIが導入されたからといって、子どもたちとの関わりがなくなるわけではありません。いつの時代も、子どもたちを最大限成長させて可能性を伸ばすことが教師の役割だと思います。そのような先生は今までもたくさんいましたし、この時代にはテクノロジーを介することで、その方法が変わるのだと思います。

テクノロジーの導入によって大きく変わることは、今までの授業時間を削減できること、教科書の内容を説明するだけの時間、テストやドリルをさせる時間が減らせることです。なので、テクノロジーを使うことで、学校での時間の使い方は絶対に考えていかなければなりません。

そのためには、「学校で教える」ということ自体を変えないといけないし、ひいては受験の内容を変えていかないといけません。いつまで経っても私立文系入試に代表されるマニアックな暗記型のキーワード問題をやらせていてはダメです。暗記型のキーワード問題に関しては、今大人になって昔のまま暗記して書く人などほとんどいないと思います。ネットで検索してWikipediaを見れば暗記する必要なんてないわけで。

なので、受験を変えるための一つの大きな手段は「GoogleやYahoo! などの検索エンジンの使用を、受験でOKにすること」です。そうすると何を試験で問うかが変化します。
例えば日本史の場合、織田信長の配下で〇〇をしたのは誰ですかなどのキーワードを問うのではなく、織田信長は戦国時代においてどのような役割を担い、その後の時代の社会制度にどのような影響を与えていますかという問題なら、Googleで調べるだけでは答えることができず、トータルに色々なものを理解して、しっかりと情報編集する能力が大切になります。

そのような事柄を考えるための探究力や思考力を、先生がしっかり教えていかなければならないのです。そして、子どもたち一人ひとりの課題を解決することに価値発揮をしてほしいと思っています。例えば日本史のテストで結果が出ず悩んでいる子どもがいた時、それは知識不足なのか、文章の編集力がないのか、そもそも日本史に対する興味の問題なのかを正しく理解し、課題を解決することに時間を使っていただきたいです。そして、課題を解決するだけでなく、取り組みたい課題を一緒に設定することで、一人一人の子どもたちがより伸びたい方向に伸びていくサポートをして欲しいです。

やはり出口が変わらないと中身は変わらないと思うので、大学入試や入試センター試験の責任は重たいと思います。ただ、ようやくですが、大学や入試制度も今まさに変わろうとしています。


 

ネット・通信制高校の課題は“つながり” 

〜 どのように “つながり” を育んでいくか 〜

 

ーー 出口の改革は絶対に必要ですよね。では受験から少し話題を変えます。近年勃興中の通信制高校に関する問題として、生徒たちの在籍理由が「楽をしたいから」であるという事実があります。ネットのみで完結する学習形態においては、自発的に活動しない限り他者とのコミュニケーションの機会や交流の場が作り出せないという側面があると思うのです。ICTを専門にされる讃井さんはその辺りについてどう考えますか。

讃井
これはすべてのことに言えますが、通学制にしろ通信制にしろどのパターンでも全てにはメリットとデメリットがあって、それをちゃんと理解した上でその手段が自分の目的に対して適切なのか機能しているのかを、生徒個人ないし保護者がしっかりと考えるべきです。

全日制や通学制の学校では、むしろ何も考えなくても、学校に行くということによって60点から80点くらいは担保できている部分が実際にあります。そこに行くことで無理にでも勉強をさせられるので、それなりのところには行き着くわけです。
また、割合は分かりませんが、私の感覚で大体6割くらいの子どもたちは、親しい友達と話すことが、通学の理由になっている部分もあると思います。その子と話したいから学校に行こうと。

ですから、特に通信制のスクーリングがないところでは、よっぽど自分から繋がりをつくりに行ったり自分で勉強できる高いモチベーションを持っていないと、学校から離脱してしまう可能性は当然高いです。
例えば、MOOCsという学習動画サービスの修了率(最後まで動画を見て学び終えた率)は、ハーバードやMITの調査によると、たった5%程度しかありません。特に意識の高い人が集まるMOOCsでさえ、そのくらいにしか到達していないのが現状です。ネット型の学びは離脱率が高い傾向にあるので、その面では学校に行く方が楽です。

学校に行かない選択肢も当然ありますが、あえて厳しい道を選んでいるということでもあり、自分に対してより厳しさを求めてしっかり学習していかないと、結局学校に行けばよかったとなってしまいます。

Life is Tech ! 白金高輪本校にて

ーー そうですね。ネット学習は1つの授業動画を最後まで流せば次の段階に進めるので、観ないまま動画を垂れ流すこともできてしまい、自制心がないとかなり厳しいと思っています。

讃井
その通りですね。全てを履修するという観点から言えば自制心やモチベーションを持っていないと厳しいですね。

ただ、数学の動画は垂れ流していたとしても、他にプログラミングなどのスゴく自分がやりたいことがあって、そちらには夢中になって取り組んでいるなら良いと思います。一方で、数学とか既存教科の動画は垂れ流してるだけで、その代わりに自分のやりたいことも見つかっていない場合は、相当将来は厳しいと思います。

もう一つ非常に大事なことは、ネット系の高校が「つながりをどう作るか」です。それが現在、ネット系高校の課題だと思っています。
学校に行くモチベーションはむしろ友達などに担保されている部分が大きく、切磋琢磨したり、あいつに会いたい、あいつに負けたくないという気持ちに担保されている部分があります。その中で出会う、優秀であったり面白い仲間によって、僕私も〇〇をやりたい、ああいう風になりたい、となることが多々あるのです。

所属するコミュニティによって当たり前が決まってくるわけで、もし本当に一人だけでずっと勉強をしていると、家の世界にある当たり前しか存在しないので、大きなリスクだと思います。
だからこそ通信制の中でも、何かしらつながりを担保し、新しい当たり前に触れられるコミュニティをを作っていくことがすごく大事だと思っています。

ーー 讃井さんの視点から「これは良いな」という取り組みをしている学校はありますか。

讃井
私はテクノロジーもそうですが、21世紀型の教育を行っていることが非常に大切だと思っています。
やはり学習者が主体的に学んでいて、大人がビックリするような成長が起きている学校はどこもよい学校だと思っています。例えば、N高等学校もテクノロジーの利用に関してはすごく進んでいて1つの選択肢としてあると思います。

他にも東京の私立だと、広尾高校や品川女子学院などでは、大人が思ってもみない研究や企業体験をしている子どもたちがいます。都立高にも理科探究をして発表会をしている学校があります。田舎の公立の小中学校でも、校長先生が非常に意欲的な21世紀型の協働的・創造的な教育、社会に繋がる教育を行なっているところでは、子どもたちが驚くべき成長を見せていたりします。

そうした21世紀の学びの実現を起点にした学校経営ができていれば、一部の有名私立校じゃないといけないことは全くなく、本当はどこでも大丈夫なのかなと思ったりもしています。

現状として例えば公立の場合は、教育委員会と学校が連携し、地域の全ての学校で21世紀の教育を実現できているケースはかなり稀だと思っています。しかし、特定の校長先生がいる間の3年間だけ良い学校を作っているというような事例は結構多いんです。

私立と違って、公立はその校長先生がいなくなった瞬間に大きく崩れていってしまうことがあるので、良い取り組みを公立でも持続的に行なっていくことが求められます。

文部科学省の提唱している「主体的で対話的で深い学び」が実行できている学校では、子どもたちの可能性は大きく伸びているので、それらが実行できていれば私立でも公立でも構わないと思います。公立だからできないというのは間違いです。


 

好きなことを見つけよう!

〜 これからの時代は絶対に楽しい 〜

 

ーー 子供への教育に関して、保護者の方々に一番知っておいてほしいことは何でしょうか。

讃井
今の小中高生が生きる時代は、テクノロジーによって思い切り可能性を伸ばせる時代だということですね。
スマホやパソコンを子どもたちに与えてインターネットを創造的な教育のために使うと、色々なことが起きるわけです。

例えば、私達が経産省の未来の教室の実証事業で行ったプロジェクトでは、地方に住む中学2年生の初心者の子どもたちが地域課題解決のために2ヶ月程度共同で学んでいくと、しっかりと課題の発見もできるし、その課題を解決するための企画を考えて、動画やアプリ、ウェブサイトを作れるまでになります。たった2ヶ月でです。
(プロジェクトの様子はこちら→
https://life-is-tech.com/news/news/201901-cpbl

そういったことができる時代なのだということを、保護者や学校の先生に知ってほしいですね。「大人のあなたが思うよりも子どもたちはもっとできるよ」ということです。

以前、私が東大教育学部の博士課程にいた時に学んでいた知識構築型ジグソー法という授業法を使えば、子どもたちが対話的な学びをすることができます。3人の子どもたちが話をする際、まず最初にそれぞれが自分の専門的な知識を持つように資料を読み込んで、しばらく時間が経ったら次に混合グループに組み替えて、より大きな課題に関して対話をします。自分しか読み込んでいない資料がそれぞれにある状態をつくることで対話が進み、またそれぞれが持っている知識のパーツを組み合わせてより大きな問いに答える活動が自然と起きるようになっているのです。

ジグソー法の授業を行うと、先生たちが口々に「お客様のいない授業でよかった」や「日頃あれだけ喋らなかった子が、あれほど喋るとは思っていなかった」とおっしゃられます。自分たちが子どもたちに対して持っていたイメージはある種のレッテル貼りをしていたのだと実際に子どもたちの可能性が発芽したのを見ると、そのことを痛烈に気付かされたと言う先生は多いです。

ITやプログラミングも同様です。先生が思っているよりもこの子はできるという可能性が発芽しやすい分野であり、発芽を促す環境も整ってきています。そういう時代だということを大人には知って欲しいし、信じて欲しいですね。

Life is Tech ! に来ている中高生も全員最初は初心者でした。全員そこから大人が驚くような成長を遂げています。

大人が「ここまでできる」と考える範囲で子どもたちの可能性は規定されます。その可能性を勝手に低い天井によって抑えつけてしまうことだけはやめてほしいです。

ーー 最後に、2040年代に起きると予想されているシンギュラリティについての讃井さんのご意見と、これからの時代を生きる小中高生に伝えたいことがあれば教えてください。

讃井
シンギュラリティの時代はきっと楽しいよ、と思っています。
シンギュラリティの話をすると「AIに仕事がとられる」などと皆は結構怖がるのですが、本当はそんなことはありません。産業革命の時代に蒸気機関ができても、その後、電気が走りインターネットが繋がっても、新しい人間の仕事は常に存在するものです。
我々は、いつの時代においても人間にしか出来ないことをずっと行なってきたわけです。

例えば、現在のJRのほとんどは自動改札になっていますが、昔は切符を切り続ける人がいたわけです。しかし、昔からその仕事を皆がしたかったわけではないので、それをする必要がなくなった時に、代わりに新しいツアーを作ることや駅の利用者への対応をより良くするための人員配置をしましたという感じで、人間がもっとやりたいと思うことを追求してきたわけです。

また、そういう時代になればなるほど、「あなたは何がしたいのか」がより問われるようになるでしょう。何も考えないで行える仕事は究極的にはすぐAIなどのプログラムに代替されていくわけです。なので、早い段階から色々なことを経験して、自分は何が好きなのだろうという考えをを早く深めて欲しいです。

ただ、その時に大事なことは、人間はそもそも絶対唯一の「やりたいこと」や「成りたいこと」があるわけではないということです。野球のイチロー選手や大谷選手の話を聞くと、一つのことを決めてやり遂げる人がカッコいいと思うかもしれませんが、そのように真っ直ぐ夢と実現する人は実際にはほとんどいません。

最初は野球をやりたかったけど、途中でチーム作りが好きになって組織コンサルタントが天職になる場合もあるだろうし、同じ野球でも怪我をしているうちにデータ分析に詳しくなって、今では球団のデータ分析をしていますというルートもあるわけです。そうして夢が変わっていく中でも、その時その時に楽しいことをしていけば、道は目の前に開けてきます。

夢の見つかり方はゴルフのフェアウェイのようなものです。ゴールまで一本の道筋がはっきり見えているわけではない。だけど、大まかにここの方がベターだという方向性は見えてくるはずです。

例えば、スポーツでどんな競技が一番自分が好き化は決めかねているけど、スポーツと演劇だったらスポーツが好きですとか。サッカーとゴルフなら、サッカーだとか。

私も教育に関わることなら何でも好きなので、そこがフェアウェイ。中学校と高校のどちらかに絞ろうと考えると難しいから、だったら両方やればいいじゃんと。

夢は絞り込みすぎなくていいんです。柔軟性を持って、自分は何が好きで何がやりたいのか、まずはざっくりでいいから自分の夢のフェアウェイを探すことを大事にして欲しいですね。

日本は皆その経験がないまま就職活動をして、どの企業がいい、条件はどうかといっていますが、そのような人生に幸せは来ないと思います。他者の評価に自分を委ねてしまっているからです。自分はこれが好き、そしてこれが出来ていれば幸せだというものがあれば、自分で生きていけます。

そうなれば、2045年であろうが何年であろうが絶対に楽しく、活躍出来る人になれると思います。


(取材:京坂 雅 記事画像:射落美生乃) 

スポンサーリンク
Advertisements
スポンサーリンク
miyabi_kyosaka
教育実践キュレーター。慶應義塾大学在学中。NPO法人日本教育再興連盟ROJE所属。読売新聞学生記者。日本若者協議会所属。某 AO入試専門塾講師。N高等学校出身。|「未来は予測するのものではなく、この手で創る」をモットーに圧倒的行動で教育を一新しようと、教育ジャーナリズムの活動をしております。