Learners Highとは


Learners Highとは
 教育学習メディア『Learners High』は、教育・学習メディア団体のLearners Highを母体として、教育・学習を中心に、社会問題やIT技術、人文科学や社会科学に内包される様々な分野の記事を提供しているポータルサイトです。変化の激しい現代社会を生き抜く為に、Learners Highで学び、自分独自の武器を手に入れていきましょう。

Learners Highの由来
 Runner’s High(ランナーズハイ)という言葉があります。
 継続的な運動によって引き起こされる一時的な多幸感・射幸感であり、喜び、深い満足感、高揚感、ウェルビーイングといったポジティブ感情を経験する感情的状態を指します。
 Learners Highは、その学び版で「学び続ける圧倒的高揚感」を感じてもらう為に、発起人のみやびによって命名されました。それも一時的幸福感ではなく、永続的に。

モットー
 全ての人に学びの楽しさを。

サブモットー 
 未来は予測するのではなく、この手で創る。

ビジョン

 (1) 全ての人に学びの楽しさを。

 (2) 20世紀の工業社会・産業社会型の画一的、均質的な近代教育を一新し、21世紀の自学社会を創造する。

 (3) 3 Goals「CSN」を基軸に、教育、コミュニティ形成、対話、イベント、  PBL(Project Based Learning)を通した、中・高・大学生向けの事業を敷衍する。

全ての人に学びの楽しさを。

 学びが辛い、勉強なんて嫌だ。 こんなことも出来ない自分はダメだ。。。
 そう思うのは「あなた」のせいではなく「環境(システム)」のせいではないでしょうか。
 
 たまたま出会った教科書の説明の仕方が自分には合わない時、あるいは、学校の中にある本だけを読んで下さい!と言われて興味のない文庫本を読む日々。その様な状態で、学ぶことや勉強が好きになることは、相当な忍耐力や耐性がない限りは不可能だと思います。しかし、今の学校教育は、構造上(発足当時の情勢上)その様な「環境(システム)」になってしまっているのです。

 明治古来から伝承される現行学校教育が、現代社会に於いて完全なる悪弊だと主張したい訳ではありません。当然、当時の教育システムが確立されていなければ、今日の日本は間違いなく先進国入りを果たせていなかったでしょう。ですが、現代という時代への順応性・適応性、日本社会の今日的成熟性を鑑みた際、今の学校教育の「学びを押し付けるスタイル」では、特にリカレント教育や生涯学習の肝要性が叫ばれる昨今、自発的に学習を継続し、社会貢献に寄与し得る未来型人材を育成することは非常に困難を極めると考えています。

 本来は、誰でも「自分の学び方」があります。

 Learners Highは、その自分特有の学習スタイルを身に付ける為に、少しでも役に立つ有用な知識や情報を、皆様に提供していきます。その中で、少しでも自分独自の学習スタイルを確立し、今後の時代情勢が急転直下で変容する社会で活躍出来る人材が加増すれば、Learners Highにとって望外の喜びです。

21世紀のAI社会型教育を創造する。

 教育界は今、過渡期の只中に在ります。高度経済成長期が終焉し、画一的で均質的な財・サービスの大量生産だけでは顧客ニーズに対応し切れない大企業が続出している今、労働者に要求されるスキルは「革新的 Creativity」や「独創的 idea」、「自学力 Self-Learning Ability」です。

 しかし、20世紀型工業産業社会の名残により、日本国内の学校教育機関(特筆すべきは中等教育前期・後期)に於いては、未だに単調的で均一的な形式的平等主義が蔓延してしまっています。社会的要請と教育機関の育成目標の間に壮大な乖離が現前しているのです。

 そもそも「教育」とは、明治時代の初期に数多の職業(法学者、幕臣、洋楽者)を兼務していた箕作麟祥(みつくりりんしょう)という偉人が、大英帝国(イギリス)で刊行された『百科事典』の項目にあった”education“という欄を拝読し、もがきながらもなんとか「教育」と翻訳した事が起源になります。

 そしてその後、日本の義務教育を享受する生徒たちは、ベルトコンベアを構成する一労働者として「いかにミスなく」「いかに従順に」「いかに個性を主張しないか」という画一主義を力点を置いた教育を施され、大正、昭和を経て、高度経済成長までの日本社会を型作りました。

 しかし、日本は今、当時の「物を作れば売れる社会」「レールに乗っていれば安泰な時代」ではなくなり、社会全体が多様性・複雑性・高度性を増しています。だからこそ、現代社会の多様なニーズに応対する為には、現代人の私たち誰もが学び(自学をし)続け、ユニークな個性を発揮することで、より一層日本社会が豊かに、元気ある社会を構築出来るのではないでしょうか。

 個々人がユニークで特異的な意思を有せず、教職員や上層部の命令・指令に日々迎合する毎日は終わりにしましょう。私たちの奥底にはより一層奥深い「信念」や「美意識」、「愉しさ」が内在しているはずです。

 Learners Highは数多の可能性を保有し、日本、ひいては世界の近未来を形作る子供達に向けて、最大限「個性」や「独自性」を発揮出来る環境を生成し、21世紀を彩るAIIoTICT関連の知見を随伴的に付与していきます。

 これからの時代に求められるのは「教育(20世紀)」ではなく「自学(21世紀)」なのです。

3 Goals 『CSN』

Creative Rightクリエイティブ ライト( 創造権 )
 シルバー民主主義等の高齢者偏重主義的政策形態とは一線を画し、誰もが当事者意識を持って未来社会の創出に関与出来る権利を確保する。
Serendipity:セレンディピティ( 偶有性 )
 未知の世界や学びの楽しさを知り、たまたま生まれた世界で出会った仲間以外にも、自分に共鳴してくれる人がいる事実を確認する。

No Divide:ノーデバイド( 格差のない社会 )
 認識格差・体験格差・経済格差・地域間格差・教育格差等、社会に遍在する数多の格差を是正する。

現行の事業展開状況
・教育メディア『Learners High』

・中高生向け議論プラットフォーム『熱論コミュニティ』


Information

 Learners Highでは、共に記事を執筆してくれる熱い同士(中・高・大学生)を絶賛募集中です!
 教育や社会問題に興味がある方はぜひご連絡お待ちしています。

mail:learnershighofficial@gmail.com
Twitter:@HighLearners


 

スポンサーリンク
Advertisements